新人教育における「仕事の基本」とは何か?

社会経験のない学生を新卒で採用するという

ことは、「仕事の基本を会社が責任をもって教える」

ということである。

 

このことを知らない(おこなわない)企業や

学生は、「不幸」以外の何者でもないが、

中堅企業以下のかなりが、そこに含まれる

と思う。

 

 

では、「仕事の基本」とは何か?

 

挨拶の仕方や、電話の取り方、あるいは、

コミュニケーションにおけるホウレンソウ

などいろいろあろう。

 

だが、これらは、スキルやテクニックであって、

いずれも、時間が解決するものだから、新人研修と

称して、長々と拘束するよりは、基本を伝えたら、

後は、現場で業務を通じて、鍛えれば良い。

 

配属された上司や、採用した人事部が

1年を通じて、本当に

教えるべきことは、別にある。

 

それは、

 

「任された仕事は、決められた納期、品質を

 持って、完遂しなければならない。」

 

ということである。

 

これを厳しく追求するところに、社会人としての

成長があり、学生から本当の意味で脱皮できるのである。

 

よく言う「自責思考」は、この行為のメンタル面

を語るときに使われる言葉だ。

 

 

会社を20年ほど経営してきて、

このことを理解、体験している中途入社者は、

まあ、30%以下である。

そのくらい、知的筋力が鍛えられていないので、

売りが「業務経験」だけになっている。

これでは、業務がばんばん変化する時代に

賞味期限が保てない。

 

しかも、その30%のうち、ほとんどの場合、

個人としてのパフォーマンスであり、

(例えば、確立した商品の売上を如何に上げるか、など)

組織で協働し完遂経験のある人は、10%にも

満たないのが、現実で、彼らを鍛えに鍛えて、

戦わざるをえないのが、中小企業である。

 

これが、中小企業の採用と人材力の実態であろう。

 

 

10年前に、上場一流企業のパートナーとなる

壮大な目標を掲げたときに、一番の課題は、

この「仕事完遂のコミットメント能力」だった。

 

なぜならば、こうした企業は、このDNAは、

人材組織力の基本として、しっかり備わっている

はずなので、この武器がないと彼らに「いいね」

と言ってもらえないからだ。

 

多大な借入をして、新卒採用に、

身分不相応な大型投資したのは、

こういう背景がある。

 

 

今では、数人の中途採用したリーダーに

特化して、この「チーム・コミットメント」を

丁寧に教えているが、彼らと接していて、20歳代

前半に、こういうことを教わらないことが、こんな

に人を苦しめるのか、ということを切実に感じて

いる次第である。

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS