個人生産性アップへのチャレンジ

ミスリカバリ等の無駄な仕事
良く考えれば、やらなくても
誰も困らない仕事は、随分減った。

移動時間やコミュニケーション
コストパフォーマンスもかなり
極めてきた。

だが一方で、集中してモノを
考えるという自分の役割については、
60点というところで、この脳ミソを
どう働かせるのが、次の2年の
テーマである。



この春から、いろいろ考えて、
何を削るとこれが達成されるのか
悪戦苦闘している。

まず、6月から、ゴルフを
やめている。これは、暑い季節も
あって、全然困らない。

次に、FacebookなどのSNSを
スマホから削除した。
これも、1日で慣れた。


ニュースを見るのも、1日3回
で充分である。



次は、テレビである。
オリンピックが終わる
タイミングがチャンスだ。
こうやって、細かい時間を
削除すると、読書の時間が確実に
増えたのは、まあ、出口さんの
真似事かもしれない。

でも、もうこれからは、
なんとなくではなくて、
研ぎ澄まされた時間を
出来るだけ持ちたい。



生産性を極めるという事を
身をもって示さなければ、口先
コンサルタントになり下がって
しまう。
もちろん、先日学んだ
それに見合う脳ミソの
休憩も、含めて、思考業務の
時間パフォーマンスを最大化する
ことが、当面の目標かな。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS