卒業か? 転身か?

13年勤めた彼が、「辞めたい」
と言ってきた時は、僕も含めて
みんな驚いた。

会社も仕事も好きな彼は、
何となく、定年まで、天寿を
全うして、当社の定年退職第一号
になるのではないかと、誰もが
思っていたのだと思う。


実際には、彼なりのキャリア
プランがあり、数年前から転職
活動をしていたのは、聞いていた。
だが、実際は、受けども受けども、
落ちまくり、厳しい現実に彼も
落ち込んでいた。
そんな時、奇跡的な好条件の
オファーが舞い込み、悩んだ末に、
こういうことになった。


彼のポリシーは、

「辞めた会社に何時でも行ける
関係作り」

であり、だから、転職
活動の開始も、オファーをもらう
直前も、逐次上司に忠実に
報告していた。


僕らも、黙って見守り、
彼の決断を尊重して、決まった後は、直ぐに、応援に切り替えた。

彼の人徳の為せる業だ。


先週多忙な永年勤続者9人が集まり
送別会をやった。

10年以上が、原則だが、うち3人
は、OBだ。
花束贈呈も、本人の挨拶もなく、
ひたすら、昔話に花を咲かせる
憩いの場となった。


彼等が、入社した頃は、
会社の体を成していなかった。

毎週のように、トラブルが
起こり、お客様にお詫びする
のが、僕の仕事だった。

そう思えば、当時、一緒に
葛藤した仲間は、同志と言えるだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS