コンビニ人間(村田沙耶香)

今年の芥川賞は、この作品だった。
普通ってなんだろう?

がテーマのこの小説は、
不思議と惹きつけるものがある。

今も昔も社会が求めているのは、
結婚と就職を通じて、

「社会に貢献せよ」

と「普通の人達の常識」を
創り出した。

でも、それらを望まない人たちも
いる。

そういう立場から、コンビニで
働く生き甲斐を描いたこの本は
なぜか、説得力があるんだよな。

多分、僕にすごく影響を与えた
一冊だと思う。

 

本の詳細はこちら:

コンビニ人間(村田沙耶香)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS