人類最強の糖質制限論(江部康二)


世の中の良識や常識を
疑うシリーズの今日は、
食事と健康編。


そんなに食べているわけではない
のに、お腹が出てきて、運動しても、
なかなか増えた体重が減らない。

こんな事を感じる様になったのは
3-4年前だろうか。

僕は、昔からちびっ子の割には、
骨も太いし、筋肉量も多いので、
基礎代謝が高く、 運動によって、効果を上げる
のは、なかなか難しかった。


そうこうしているうちに
流行りの炭水化物ダイエットの
話を耳にする様になり、
アスリートやシングルゴルファー
は、ラーメンや御飯をほとんど
食べないと
聞いて、驚いた。


また、周りを見ても、
ちゃんとした経営者は、
連日の会食にもかかわらず、
体型維持に努力していることも
分かった。


そして、彼らは、運動もするが、
炭水化物の食事制限を例外なく
していたのだ。


調べてみると、 日本人のエネルギー摂取は、
60%を糖質に依存しており、
これは、欧米と比較しても高く、
何より、人類史700万年の中で、
この100年ほどのことで、

米作関係の方には悪いが、 炭水化物中心の普通の生活が
江戸時代から根付いた歴史的に
特殊な食生活だということが
頭の中では、分かった。


しかし、私達は、糖質の多い
御飯や麺類が
大好きだ。

これらを絶つのは、禁煙に
匹敵する辛さだろう。

ゼロにするのは、難しいとしても、
例えば、ラーメンや中華を
久しぶりに食べると、身体が、
拒否反応するようになる。

つまり、生活習慣のような
ものだろう。

 

本の詳細はこちら:

人類最強の糖質制限論(江部康二)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS