何様(朝井リョウ)

映画にもなった直木賞受賞の
前作「何者」の続編とでも言おうか。

其々の登場人物の入社後を
短編集の様な形式で描いた小説で
とても今風で面白かった。

繊細だなあと
思うのは、社会が、自分の
時代より複雑になったからか。

それとも、人間そのものが
繊細になってきたのか。

気持ちは、わかるけど、
そこまで悩むかなあとか、

言動にそこまで影響する
かなあと思いながら、
読み終えた。

この作品も、
前作同様若い人に共感
されるのだろうなあ。

 

本の詳細はこちら:

何様(朝井リョウ)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS