読書力(斎藤孝)

「声に出して読みたい日本語」
が、すごく良くて、隙間時間に
手に取り、声を出して読む癖が
ついたのは、SNSやテレビに
毒された時間を、とても、人間
らしい穏やかな時間へと導いて
くれた。

斎藤さんには、そこから興味を
持って、2冊目だが、2003年に
出た本で、41印刷されており、
学生を中心に、多くの人々が、
自分を高めるために、手を取った
のだろう。


創業から、考えていて、出来て
いないことがあり、何かというと、
読書会である。

20歳代に強要されて、とても
しんどかったが、後になって、
何より感謝しているのが、早朝
読書会である。

やろうかな、やっぱり、
と思った一冊です。

 

本の詳細はこちら:

読書力(斎藤孝)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS