北京レポート(大越匡洋)

いよいよ、というかついにというか
今更というか、良くわからないが、
来月、北京へ行くことになった。

この本もそうだが、日本で、
得られる情報を丁寧に読んでも、
あの国の事は、良くわからない。

この著者は、四年中国にいた
日系新聞の記者だが、本当に
情報がないのが、手に取るように
わかる。

まずは、行って、感じることから
始めよう。

北京大学や清華大学
そこで学ぶ学生にも会ってみたい。

さて、当社と中国の未来に
接点はあるか?

 

本の詳細はこちら:

北京レポート(大越匡洋)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS