現場に宿るもの

営業戦略やその管理が、組織で
できるようになった今、
僕の役割は、
大きく分けて、3つであろう。


1つは、実際の経営管理業務で、
財務や資金それに労務や法務の
統括だ。

これは、兼任業務だけど、
当面は、やむを得ない。


次に、経営ストーリーの創造と
伝達である。
これは、経営と事業に分かれるが、
要は、どんなビジネスを
して、どんな会社を目指すのか、
という生きたストーリーを、
現場と理念とビジョンから
創造することで、
この2年始めたばかりの仕事
だから、説明が難しい。


最後に、上記2つの前提として、
現場を見て、感じることも大事な
仕事だ。


そのために、今週も、
10月とは思えないような
気温29℃の熊本に来た。


二日間の滞在中ミーティングを
含めると、20人程のスタッフと
面談することになる。

コアスタッフとは、会食もする。

東京のオフィスにある部屋に
いる時が、神輿の上だとすると、
熊本や客先常駐スタッフと会うのは、
神輿の周りを一緒に歩く感じか。

雑談を通じて、マネージャーが
頼りにする彼等(彼女達)のちょっと
した意見や表情に、会社の現状や
実力やあるいは、問題が
垣間見える。


こういうインプットが、骨太の
知識や見識と相まって、正しい
方向性が作れるのだと思う。

小回りが効く規模である事を
活かして、
「たまには」ではなく、
「いつも」
現場のスタッフの声を聴く
経営をしていきたい。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS