氷の轍(桜木紫乃)

桜木紫乃さんの著作は、
直木賞作品の「ホテルローレル」
以来か。

彼女は、北海道の出身で、やはり
舞台が、北海道や青森県である事が
多い。

そう言えば、絲山さんの作品も、
彼女の出身である北関東近辺が
背景にある事が多いようだ。

桜木紫乃さんの作品も、
日本語描写が美しく、ちょっと
切ないような表現を、会話の合間に
挿入するのが、特色だ。

小説なのに、思わず読み返して
しまう所が、何だか、松本清張
の作品に似てなくもない。

自分でも、こう言う作風に
惹かれ、まとめて読む理由が
よくわからないのだが、少なくとも
ビジネス本のように、時間と
お金の浪費と感じることはなく、
これもまた、人事屋の勉強だと
言い聞かせ、しばらく没頭して
みようと思う。

 

本の詳細はこちら:

氷の轍(桜木紫乃)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS