ロールモデルは幻か

人材採用のホームページやサイト
には、学生や応募者が会いたく
なる様な「ロールモデル」が紹介
されている事が多い。

特に、女性のニーズが強いのだろう、
彼女たちのインタビューには、

「キャリアプラン」が、丁寧に
描かれていたりもする。


ちょっと厳しい言い方だが、
キャリアプランも、ロールモデル
も、採用戦略上の幻であり、
参考程度に見て、私は私らしく、
くらいにクールに考えた方が良い
と思う。


なぜならば、それは、モデルさん
達の悪戦苦闘の歴史の結果であり、
良い部分だけをわかりやすく解説
するケースが多いからだ。

モデルになるまでの悪戦苦闘に
本当のエキスはあるはずだが、
そういう情報は、実際に会って
聴かないとわからないものだ。



未来は、不透明だから、
不安になる気持ちは、わからない
でもない。


しかし、そこに答えを求めて
いる様では、就活学生と一緒だ。



正解や世間体を求める職業人は、
もう平均点以上には
伸びない時代である。


自分らしい人生に気づくには、
ノウハウやビジネス本ではなく、
人間の織りなす事実である歴史の
勉強や、高い完成と知性を持つ
著者の小説が良い。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS