帯に短し、襷に流し

組織が少しずつでも、成長する会社かどうか

は、中堅企業以下の場合、なんだかんだ言って

経営者次第だと思う。

 

ポイントは、人材への考え方と自責思考である。

 

私が、数年にわたり、お付き合いを継続する経営者は、管理職と

の成長をじっくりと話し合うことが、ミーティングの目的だ。

毎月会っていても、一進一退であり、私が、見た事実と評価を

伝え、話し合うのだ。これを毎月繰り返す。そして、1年に

一度くらいか、組織の成長を振返るという具合だ。

 

良き経営者は、中小企業が人材難であることを前提に

考え、自分の要求を100%満たす人材は、「夢」でしか

ない、と考える。なぜならば、自分自身が、不完全であり、

会社の限界であることを、よくわかっているからである。

 

ダメな経営者は、自分のことは棚に上げて、部下に過剰な

期待と要求を常にする。そして、それは、決して満たされない

ので、常に自社の不満を口にすることになるのだ。

 

人は、すぐには、育たない。

やってみせ、させてみせ、

ほめてあげねば、人は育たず、

という山本五十六さんの言葉は真実である。

 

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS