It's your time !!

マネージャー一人当たりの
部下との面談や文書による
フィードバック
を数値化したら、
恐らく、当社は、
日本一ではないだろうか。


僕自身、部下の役員とは毎月定期
面談を行い、少人数での役員会も
毎月5時間やっている。


また、担当部署のリーダーとは、
毎週面談を行い、スタッフとも
毎月欠かさない。


加えて、担当部署外のリーダー
やスタッフとの面談と会食に、
30時間以上を使っている。



10月のコミュニケーション活動は、
何と、100時間を超えた。


組織の感情コントロールは、
先日記述の通り、個別問題に
よるインプットに勝る方法は
ないから、優先順位は、圧倒的に
高いのだ。


誰と面談するにせよ、
その鉄則は、面談する部下の
為に、その時間とエネルギーを
100%部下のために使うことである。

自分の多忙な業務を横に置いて、
部下に相対することは、簡単
ではない。


本当の意味で、仕事を任せる
勇気と信頼関係が必然となる。



人材育成とは、部下の能力を超える
仕事を任せることが出発点であり、
結果として発生するであろう失敗や
挫折を通じて、指導をする行為だ。


部下の面談を行わず、多忙を装う
多くの管理職は、自ら、作業を
行い、育ちたい部下の鍋ブタに
なっていることに気がつかない。


機会を与え、
失敗を物ともせず、
問題の本質をきちんと
観るように指導すれば、
モチベーションの高い若手は、
驚くほど早く成長する事を
ほとんどの会社が知らない事は、
本当にもったい無い事だ。



僕は、恐らく、若い頃、
シリコンバレーで
見聞きした事が、育成文化の
DNAを創り上げたのかも
しれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS