文章力

来期に向けての組織作りが、大きな
テーマで、一日中その事ばかり
考えていると言ってもいいくらい
である。

どういうスタッフに、リーダー適性が
あるか、どのタイミングが良いか、
そういうことは、だいたいわかって
きたが、何を教えていくか、
が、今のテーマである。



当社のリーダーは、とにかく
若いので、基本となるやる気と
責任感は、頼もしいのだが、
基本スキルを教える間も無く、
登用しているので、担っている
責任の大きさと比べて、
中身は、
心もとない
というのが、実情だ。


ずっと気になっていることの
一つが、文章力 である。

読むチカラ
書くチカラとも、相当お粗末だ。


読書量が圧倒的に不足して
いる上に、プレゼンスキルなど
のテクニックに頼っているので、
まともな日本語による文章が
書けない。



これは、読書量と共に、
アウトプットの数と本当は、
厳しい添削フィードバックが
必要なのだが、そこまで、手が
回らない。


文章力は、知性そのものだから、
30歳過ぎると、ちょっとした
分析レポートを書かせると、
思考の幅と深さが、直ぐにばれる
のは、痛々しい。



大きな課題だが、自分で、
勉強してもらうしかない
だろうと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS