風通しが良い?

風通しが良いと、悪いという日本語は、

あまり好きになれない。


組織が健全であるかどうかの
指標はいろいろあろうが、
僕は、管理職の開放性にあると
思う。


例えば、課長抜きに、スタッフと
部下が、課長の話を普通にできるか
どうか、という具合である。


当該課長にとっては、決して
愉快ではないが、

「まあいいか」

くらいのおおらかさが
あると良い。



前職では、
Open door policy
と称して、スタッフが感じる
問題について、直接上司の
さらに上位のマネジメントに

直接伝える事が、ルールとして、

守られていた。

その影響もあろうが、
僕は、部下と上司の信頼感に
あまり差のないスタッフを
信用し、登用する癖がある。

勢い、口達者なお調子者
よりも、寡黙な不器用タイプ
に偏りがちだ。

オープンマインドは
マネジメントとしての向上心を
表すし、器の大きさでもある。

彼等の共通点は、
毎日の業務の中で、
お客様と部下を見ていることだ。

自分が可愛くて仕方ない人は、

望んでも、組織のリーダーには

なれない時代になってきた

ように思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS