定年制度

僕の同期は、浪人生だと60歳に
なり、来年度いよいよ定年退職者
がでる。

月日が経つのは、実に早いと
実感する所以である。

今時、60歳は、とても元気だ。
そういう彼らは、60歳定年制度を
「生前葬」だと言う。

なるほど、言い得て妙だ。


これは、即ち、職業人として
「成仏していない」証である。


カッコよく言えば、矢吹丈ばりに
「真っ白な灰になってない」
でもよろしい。


いつまで働きたいかは、
人それぞれだし、成仏できない
のも実力かもしれない。


だけども、
誰かの役に立ちたい人や
社会と繋がっていたい人を
無理やり剥がすのは、やっぱり
残忍なことだなあと思う。

 

今までこうした組織の論理で

舞台をもらっていたくせに

自分の番になると強く思うのは

都合の良い意見だろうが、

どうだろうか?

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS