ブレーキ

上半期折返しでは、ついに、
新卒期ずれで、最高益を更新して、

絶好調と言っても過言
ではないだろう。

しかし、一方で、負荷の大きな
プロジェクトや、高い目標に
挑戦する営業部門では、少しずつ、
疲労の影響が出てきた。


これだけ飛ばすと、当然だが、
心と身体にストレスがかかる。


特に、リーダーやコアスタッフに
女性が多い当社では、ストレス
マネジメントが、必須だが、
若いマネージャー自身も必死で、
気配りができるベテランが少ない
影響が出がちだ。


人材の能力と時間で勝負して
いるような当社では、このような
時には、ブレーキを踏む事も
大事なマネジメントである。


業績だけでなく、
疲労と、運気のマネジメントが
出来ないと、労働集約型ビジネス
の経営は出来ない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS