1Hレビュー

組織でも、個人でも、優れている
証は、一定期間の振返りをしている
事である。



ほとんどの会社も個人もやらないか、
やったふりをしているだけだ。

だから、評価制度が根付かない。


当社では、毎月の振返りを、個人と
全社で行うが、このペースで、
深く振り返るチカラは、まだない。

短い期間で、本質的なレビューを
することは、積み上がった事実が
少なく、とても困難な事だ。


なので、四半期毎のレビューが
正式な会議となっている。


第一四半期のそれは、
とてもレビューと呼べる内容
ではなく、時間の無駄で、
同席したリーダーからも、
コテンパンの評価を受けていた。


それを受けて、今週の上半期
レビューは、随分マシになった
けど、やはり、オペレーションを
動かすチカラと、経営するチカラは、
別物で、若さと未熟さを露呈した
というところだろう。


でもまあ、それで良い。
若い当社が、戦略性や概念思考を
組織として身に付けるのは、
まだまだこれからのテーマだ。



思い返せば、30歳代の僕も、
厳しいボスから、コテンパンに
やられた。


「お前の脳みそは、その程度か?
時間の無駄だから、プレゼン
中断して帰れ!」


なんて言われて、
悔しいやら、
恥ずかしい思いをしたものだ。


プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS