全世界史Ⅰ(出口治明)

正直に言えば、司馬遼太郎の歴史小説と

NHK大河ドラマで、歴史(日本史)を

知ったかぶりをしていた僕が、この本を

読む決心をしたのは、出口さんの前書きを

読んだからだ。

 

ー昔の歴史には興味がない、現代史こそが大切だ

という人がいます。しかし、僕は、こう考えます。

人間が赤ちゃんから大人になるのと同じで、時代も

急に大人になったわけではない。積み重ねられた

歴史を学んで初めて、僕たちは、立派な時代を

つくれるのではないか。

 

また、こうもある。

 

ーそもそも歴史に現れる出来事は、眼の前の

現象だけ分析しても理解できません。

全体がわからなければ、部分を持つ意味も

わからないからです。つまり、人間の歴史の

中に、日本史や中国史といったものが、孤立して

存在するわけではありません。人間には、たった

一つの歴史があって、その大きい枠組みの中に、

それぞれの地域の歴史があるのだと考えます。

 

この本は、原則正座(実際には、できないので

机の前で、姿勢を正して)で読んだ。

これだけの知識量をわかりやすく語っていただく

出口さんに、敬意を表したかったからである。

 

皆様、

年末年始にじっくりと如何ですか。

 

本の詳細はこちら:

「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史 (出口治明/新潮社)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS