Input & Output

専門性を高めて、付加価値の
高い人材になるには、勉強は
欠かせない。


勉強方法は、いろいろあれど、
常に現場にいて、現場の声や
何が起きているのかの事実を
理解する事は、大事な事だろう。


ただし、学びたいという強い
欲求があることが、前提となる。

これがない人は、誰かの話をコピー
するだけで、偉人の言葉をレポート
やブログに貼り付けて、知識自慢
をしている可哀想な人になってしまう。




現場で見聞きした事を一旦しまって、
よく考え、読書の中で、先人の
歴史から、自分なりの答えを見つけなければならない。


この過程が苦しいけれど、実は、
一番大事なインプットの手順
である。

インプットとは、自分の腹に落ちた
言葉で語って、初めて
成立するのだと思う。


ところで、講演や出版、あるいは
日々のブログというアウトプット
行為も、実は、大事なインプット
につながる。


知識を集約し、編集することが
アウトプット行為であるので、
インプットとアウトプットを
高速回転させることが、現代の
学び方のスタイルなのだろう。



人様の言葉のコピーや
知識の受売りを抜け出して、
本当の学習の喜びを見出した
時に、気がつくと、周りの
付き合う人達のレベルがグッと
上がるものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS