国家観

私たちが、普通に考える
国と言う概念やアイデンティティ
は、いつから出来たのか?

 


全世界史」によれば、 実は、17世紀の世界のGDPは、
ヨーロッパの列強ではなく、
アジアの時代だと言うことが
わかる。


清(中国)が、22%
インドが、24%

この二国で、世界のGDPの
半分を占めており、日本は、
4%程度だ。

ヨーロッパが、世界のGDPに
躍り出るのは、18世紀のフランス
革命以降である。

そして、ご存知のように、
これ以降、国家という共同体の概念が生まれ、

技術革新から産業革命が生まれたことが、

歴史の中心にヨーロッパを押し上げた。


この歴史的に大きな
ターニングポイントに
なったフランス革命を学ぶと
やはり、どうしても、行って
みたくなるものだ。


去年は、テロで、断念したが、
今年は、絶対行かなければ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS