SAP change

先週のセミナーの続き。

 

基調講演をされたSAPラボの小松原さんは、

実は、去年の米国ツアーで、是非会いたい

人の一人だった。

 

SAPラボには、4000人のスタッフがおり、

インド人1000、中国人500、韓国人100

に対して、日本人はたった二人だそうだ。

 

興味深いのは、SAPのような伝統的なオールド

エコノミーの代表に思える会社が、たった5年で、

ERP以外の新規ビジネスを伸ばして、売上を2倍に

した事実だ。

 

そのコツがいくつか紹介された。

 

・本社を離れること

・トップの直下に置き、既存事業とのシナジー

 (及び抵抗)から、離すこと

・フレームワークや共通言語を大事にして、

 共有を積極的に図ること

 

挙げてみると、なんだか簡単にできそうだが、

実際はどれもこれも大変だ、特に、大きな組織

では、とても難しいことだろう。

 

こういう判断をしたトップに敬服する

しかあるまい。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS