「全世界史」講義Ⅱ(出口治明)

この本をちゃんと読もう、と決めて、ゴルフを

止め、テレビ(ニュースとラグビー除く)を止めて、

ビジネス以外のSNSも、アクセスしないようにした

のが、半年前。

 

なんといっても、登場人物がちんぷんかんぷんで、

主なそれらを調べることと、当時の地図を見比べ

ながら、まさしく、授業を受ける形で、読み進めた

ので、週末以外には、手がつけられなかった。

 

でも、読後マラソン走破のような爽快感があり、

やっぱり、自分の時間を、これに集中して

良かったと思う。

 

 

歴史から学ぶ

 

という言葉は、よく語られるが、事実やデータを

じっくり見比べて、組織や人事の観点から、

思いをめぐらせるのは、この上ない充実感を

感じる週末の午後だった。

 

終了後、以下のような「学び」を

出口さんに(勝手に)報告して修了。

 

・組織のリーダーは、属人性を排して、優秀な人にこそ

 その機会を与えること

・意思決定にあたっては、感情を極力排し、信念と戦略性、

 合理性から、決めること

 

この二つが、歴史の組織の盛衰から、僕が学べたことである。

 

 

本の詳細はこちら。

「全世界史」講義 II 近世・近現代編:教養に効く! 人類5000年史 (出口治明/新潮社)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS