過剰サービスが、能力を蝕む

昨日に続いて、日経新聞 経済教室

1月20日は、オックスフォード大学

苅谷剛彦教授だ。

 

この記事は、実に、面白く新しい

発見であり、紹介したい。

 

よく海外に行くと、サービスの低さに

辟易とする。フライトやホテル、タクシー

やレストランに至るまで、日本のサービスの

高さに慣れた私たちにとって、それが常識であり、

 

「海外は、これだから、むかつくよなあ」

 

で済ませてしまう。

 

 

ところが、苅谷先生の主張は、このサービス過剰が、

世界に通用しないガラパゴス化を招き、ひいては、

賃金上昇を抑える大きなドライバーになっている

という内容だ。

 

いまや、大卒就業者の1/3が所謂サービス業であり、

医療福祉が44%、小売・卸が18%を占める。

 

問題は、サービス業は、製造業などに比べて、

国際競争力にさらされないことだ。

 

大卒就業者が増え、理論的には、生産性が上昇し、

賃金が上昇しなければならない。

 

ところが、彼らのスキルは、生産性向上に

向かわずに、他国ではありえない過剰サービス

に向かい、いうなれば、彼らの賃金上昇を

私たち消費者が、奪い取っているのでは

ないか、という論法である。

 

そうであれば、仕組みとして、確かにおかしい。

 

教育投資によって、与えられた付加価値が、

企業の生産性向上に結びつかない矛盾と、

考えられる人材教育をする必要性を、苅谷先生は

訴えている。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS