格差社会(橘木 俊詔)

経営者やリーダーが知らなければいけない

ことの一つに、所謂格差問題がある。

今世の中で、起きていることの根幹は、

先進国の格差問題に起因しているからだ。

 

この本は、日本について、かなり、詳細に

その実態を紹介しており、読みやすくお奨めである。

 

2008年のデータにあるが、先進国の中での

相対的貧困率(その国の平均所得の50%未満の比率)

は、約16%で、先進国中アメリカについで、2位である。

世界では、120位。

 

つまり、全世界でみれば、日本は裕福だけど、

先進国全体で、実に、所得に差がつき始め、

日本は、格差がトップレベルになっている、

というのが事実だろう。

 

生活保護世帯、貯金ゼロ世帯、自己破産件数

などの増加から、これの経緯を丁寧に説明する。

 

 

「平等神話」はなぜ崩壊したか?

 

・長期不況による非正規労働の増加

・評価システムの変遷

・母子家庭(離婚)の増加

・高齢単身者の増加

・地方経済の劣化

・税制システム

 

という点から、データを紹介し、解説も

わかりやすい。

 

さらには、根本的な課題として、

 

・教育機会の不平等(社会の固定化)

・富裕層の変化による教育の歪み

 

をあげて、最後に、筆者の処方箋を

まとめている形だ。

 

 

本の詳細はこちら。

格差社会―何が問題なのか (橘木 俊詔/岩波新書) 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS