多様化について考える

日本を訪れた観光客が年間
2400万人を超えて、日本で働く
外国人が、100万人を超えたそうだ。

人口が減る日本において、
外国人の受け入れは必須と言う論調
が多いが、本当だろうか。


トップレベルの人材の受け入れに
反論はないだろう。


問題は、食い詰めて、移民として
入ってくる大多数の外国人である。


2/5の日経新聞「日曜に考える」に
紹介された経営共創基盤CEOの
冨山和彦さんの意見は、経営者
として、とても的を得たもの
だと思うので、紹介したい。

1 同質な日本社会に多様性を
もたらす事は大事だが、その
プロセスとスケジュールは、慎重
であるべき。


2 安価な労働力として、外国人を
雇用するブラック企業は、生産性の
低さから、退場すべきである。


3 日本人の生産性の向上をもっと
真剣に考えるべきである。


4 人間は、差別する生き物。
差別に反対する建前に、米国も
欧州も、疲れてしまった。
世界は、そういうモードである。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS