情報奴隷と貧困

AIの発達によって、淘汰される

であろう職業の一つに、「記者」が
挙げられている。

2020年代半ばには、ニュースの
90%は、人間の介在をほとんど
必要としないアルゴリズムで

生成されるようになるという。

しかし、良く考えてみれば、
特定の読者向けに、適切な文章を
機械が創造できるということは、
事実や思想、或いは意見に対する
多様性に、極めて大きな影響を与える。




アルゴリズムを設計する一部の
人の意思が、強く反映されて
しまう恐れがある。

今でも、多くの若者は、SNSの
ニュースで、世の中を理解しているが、
SNSの問題は、良くいわれるように、
耳触りの良い情報だけを

選んでしまいがちになることだ。


これは、情報奴隷ではないか。


多様な考えに触れて、自分の意見や
信念を作り上げる事が、社会人の
成長そのものだが、このままでは、
思考能力に欠ける大人を大量に
作ることになりはしないか?


情報格差は、必ず、経済格差に
つながると思う。



僕たちができることは、
このことを、身近な若者に
伝えて、1人でも多くの社会人
リーダーを作ることかもしれない。

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS