日米生産性比較

少し古い記事だが、2月16日の日経新聞
「経済教室」では、東洋大学の
滝澤美帆准教授のレポートが紹介され、
日米のサービス業における生産性の
比較において、日本の生産性は、
米国の半分以下であると
紹介されている。


国内総生産の75%を占めるサービス業の

生産性に、これほどの差がある
ということは、大きな驚きである。


その主因は、大きな国内市場に依存し、
規制に守られていることのようだ。



米国は、強い国際競争のもと、必死に
IT資本の導入と人的資本の蓄積を
はかってきたのだ。


だから、生産性向上のキーワードは、

規制
国際化
IT

 

ではないだろうか。

当社は、規制のほぼない世界であり、
顧客そのものの国際化はまだ先で、
サービス提供人材の国際化が
先行するだろう。

これは、採用と組織作りだから、
この数年着実に進んでいる。

一番の問題は、サービスや業務の
IT化で、中小規模の多い
サービス業では、経営者の
ITリテラシーが最大の課題だと言う。


耳の痛い言葉だ。


来期の事業計画を検討する今、
これが最大の悩みであり、
限りある人材を、どう集約して、
業務やサービスをIT化するか、
そればかりを考えてしまう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS