マーケティング屋も大変

昨日のデザイン思考の続き


UBERのように、クルマという
製造を行わず、資産を持たず、

ユーザー視点で、空いている
資産を活用して、ホンダの時価総額
に並ぶなんて、ちょっと、想像
出来ない事が、起き過ぎている。


これらのSharing economy に 共通するのは、「モノ」発想
ではなく、「人間中心」の発想で、
デザイン思考も、そのコンセプトの
1つである。


ユーザーインターフェース
ユーザーエクスペリエンス
なども、同様の流れの産物だろう。



デザイン思考と言うと、何やら
図案や絵柄、色彩というイメージが
先行し、苦手意識を持ってしまい
がちだが、本当の語源は、

「計画」とか「設計」であり、


そういう意味では、デザイン思考も、
何もない所から、構想し、設計し、
商品やサービスを作り出すまでの
全体プロセスだと言える。



面白いのは、こういう発想が、
市場の右肩上がり時代には、
マーケティングのコンセプトとして
なかったらしく、つまり、必要
なかったという事だ。



人事屋の変化も相当だが、
マーケティング屋の世界も
大変だなあと思う。



一方で、この2つの仕事は、
専門家が駆逐されて、若手に
チャンスがあるという事だ。



最も、勉強をしない若手は、
やはり、駆逐されるだろうけど。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS