ばかもの(絲山秋子)

絲山秋子さんの文章はリズムと
響きがいい


というのは、田中和生さんの後書(解説)

にもある通りだ。



主人公は、
「行き場のない思い」に苦しみ、
ニートそのものの生き方をして、
いつまでも、親元を出られず、
アルコール依存性になる。
凄まじい内容だ。


行き場のない思い、とは、
仕事や家庭で安易な到達感を
得られず、満足感からもほど遠い。


充実感など、あり得ない男だ。


似た者同士の恋愛小説と言ったら、
軽い表現だろうか。


不思議な事に、この主人公に
共感する自分がいる。


何時も思うのですが、
絲山秋子さんの人間観が映し出す
北関東の世界は、すごいです。

 

 

本の詳細はこちら。

ばかもの(絲山秋子/新潮文庫)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS