Work and life balance

時代は、働き方改革だの
在宅ワークだのと、急に働く人達
に優しくなったようだが、岩盤の
様に動かなかった日本の労働環境が、
急激に変りつつあるのは、やはり、
少子化の影響もあり、労働力と
いうか、リソースの質と数の
大きな不足感が要因だろう。


ゲンキンなものだが、外圧で
変化するのは、日本の得意な
ところだから、やむを得ないか。



それはさておき、
ワークライフバランスの独り歩きが
気になる。


WLBとは、ワーキングパフォーマンス
が期待以上であることが前提で、
その時間の使い方や働き方の自由
を認めましょう、という考え方だ。



これを前提に考えると、部下を持つ
管理職には、なかなか難しい。


昼間の時間の多くは、部下のための
時間であり、また、同時に、
プレーヤーでもある場合が多く、
計画立案やレビューなどの思考業務は、
夜や休日になりがちである。


つまり、マネージャーは、そもそも
ハードワークを必然としており、
単純に時間を削れるわけはないのだ。

僕の知る限り、海外でも、
マネージャー達は、とても
良く働く。


5時には、一旦帰宅して、家族との
時間を持つが、その後は、相当
遅くまで、自宅で働いており、
例外はいなかった。


彼等は、こういうことを理解した上で、
自らキャリアを選んでおり、
その点問題はないが、日本では、

プロフェッショナルになるための

キャリア形成の方法や働き方を学ぶ
前に、WLBが、流行りだして、
少しおかしくなっているのではないか。



生産性を高めることは、国も企業も
大事なことである。

一般スタッフが、無駄をなくして、
無意味な残業を減らすことも正しい。


その上で、誤解を恐れずに言えば、
マネジメントを目指すスタッフは、
業務の効率化を前提として、

学ぶこと
考え抜くこと
決断すること

が仕事であり、


その生産性を高めることは、
終わりのない挑戦であり、
一般スタッフとは、違う世界に
いることを理解するべきである。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS