「言葉にできる」は武器になる(梅田悟司)

電通のコピーライターである梅田さん
は、とても誠実な仕事をする人
であろう。

本作品は、彼の書下ろしであり、
そのノウハウを、余すことなく
開示しているようだ。


僕は、前書きにあるこんな台詞を
読んで、この本を買い求め、
既に二度読んで、そのノウハウの
一部を自らの仕事に取り込んでみた。


「言葉が意見を伝える道具ならば、
まず、意見を育てる必要がある
のではないか?」


「言葉は思考の上澄みに過ぎない」



全く同感。


そして、この三連休は、彼の言う

「内なる言葉」と向き合う

貴重な休日になった。


これからは、毎週、

「自分との会議時間を確保する」
事を強く心に決めたのも、この
本あればこそ。


経験とモノマネで終わらない
ビジネスマンを目指す人には、
是非進めたい。

 

 

本の詳細はこちら。

「言葉にできる」は武器になる。(日本経済新聞出版社/梅田悟司)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS