人不足・土地余りの時代

3/27日経新聞の経済教室には、あの
堺屋太一さんの投稿が載っていた。
とても、面白かったので、ここで
紹介したい。


かの有名な著書『団塊の世代』は、私も
人事部門勉強会で、読み込んだ記憶が
あるが、当時から、堺屋太一さんは、
「いずれ、団塊の世代が高齢化すれば、
土地余りの時代が来て、同時に
人不足になる」と予言していた。


当時の政府が、この意見を無視したように、

20歳代の僕にも、異様な意見としか

映らなかったのは、恥ずかしい。

この論文の面白いところは、
過去の歴史において、中国人を
中心に、外国人の活用
を積極的にしていた時代があり、
多くの彼らが、日本に定着した
事実がある、という指摘である。


前回紹介した冨山さんのような
慎重な意見もあるが、これらの課題について、

きちんと議論をすべき時代にきていることは、
間違いないだろう。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS