当たり前の女性活用

女性が仕事をしない、専業主婦という形態が

一般的になったのは、高度成長時代の

珍しい現象らしい。

 

そもそも、昔から、夫婦で収入を支えてきた

歴史が日本にはあり、現代の世界も、例外を

除けば、日本と同様である。

 

当社は、高いレベルのお客様が多く、必然として、

会社の実力よりも高い人材の採用と社内教育を

必死にやってきた。

 

結果として、女性のほうが、やや優位である。

お母さんスタッフは短時間にも関わらず、更に

仕事ができるケースが多い。

 

そもそも、同じ能力をもった男女の優位性に

差があるのは、当社の採用力(一般的な

男の子にとって、憧れの会社ではない)

にも問題はあるが、別な要因もありそうだ。

 

一番大きいのは、女性のほうが、自分の幸福感に

素直であり、世間の評価に依存しない傾向が強い、

ということもあると思う。

 

キャリアに関しては、女性のほうが圧倒的に

進化していると思う。会社にも、依存しないし、

世間体もあまり考えない。

 

自分にとって、どれが本当に幸せかを

自分の頭で考えようとする人が、できる

人に多い(キャリアモデルをほしがる

きらいはあるが)。

 

会社と個人が、対等な関係になりつつある

今、自分の頭で考えられる人と会社に人生を

預けてしまった人には、大きな差がつくと思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS