みんなが共感するビジョンは難しい

新入社員を迎え、組織図を見たら、

4/1付社員数が、150名となっており、

一瞬驚いた。

(採用している私が驚くのもなんだが)

 

今期で、創業当時の自分なりの売上や利益目標

を達成もできて、ビジネスの現場を任せられる

リーダも育ってきた。

 

熊本も、自立に向けて動き出している。

主要なお客様との契約継続率も、95%

を超えており、中期的なビジネスサイズ

の成長も一定の範囲で見込まれると思う。

 

40歳と50歳のときにたてた

身の丈にあった自分らしい目標

は、60歳前にしてなんとか達成

しつつある、というところか。

 

 

一方で、膨れ上がったスタッフを

束ねるようなビジョンというか、

ミッションというか、そういう

wording には、苦戦している。

 

基本的な価値観と戦略は、変わらない

のだが、そういう WORDがないと、

「会社の向かう方向がわからない」

などという声が聞こえてきそうだ。

 

思うに、個性と多様化を推進してきた

会社全体に、皆が共感するビジョンは、

必要なのだろうか?

有り得るのだろうか?

 

オバマ大統領は、Change! と

言ったけど、あまりうまくいかなかった

ように思う。アメリカ人のchengeの方向性

がいろいろありすぎて、どこに、変化するのかが、

示せなかったのではないだろうか。

 

田中角栄の「所得倍増」は、貧しい国民の

ビジョンになりえたけども、現代のアメリカ

大統領は、Change も

Make America great again も

一体感よりは、むしろ分裂と対立を

生んでいる。

 

いやあ、難しい。

会社は何のために、という

原点に戻らなければいけない

ということだ。

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS