万年野党

経営共創基盤 冨山和彦さん。

彼曰く、人間には、

与党タイプと野党タイプがあると言う。

 

与党は、関係者を調整して、期限までに、

何らかの結論を出して、その実行に責任を

もつ人、つまり、リーダーである。

 

彼らは、カラーでいうとグレー、

物事を決める大人の世界は、グレーなのだ。

 

 

一方、野党は、白黒をはっきりさせたがり、

正義感(法律や倫理観)をかざしたり、価値観や

戦略の一貫性(わかりやすいので)を求める。

 

冨山さんは、多くの企業再生案件で、

野党タイプの人が、勝負所の場面に

なるとすぐに逃げ出すのをみてきた

らしい。

 

でも、よく考えると、日本人のほとんどが野党型。

なぜならば、自分の人生を自分で築けないから。

国や会社が、何とかしてくれるだろう、だから、

まじめにコツコツ。

 

マスコミも、総じて同じ野党型。

なぜならば、読者を忖度して、売上を

のばさなければならないから。

 

サラリーマン時代までの僕は、最低の野党型。

国会中継で、与党や政府を攻撃する

正義の味方議員をみていると、

過去の自分をみているようで、いたたまれなくなる

(そんなことはないか?結構楽しんでいるかも)

 

やっぱり、国も、

カイシャも、大事なことは、

リーダー(与党タイプ)づくりだわ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS