冨山さんのリーダ論を考える

尊敬する経営共創基盤 冨山和彦さんのリーダ論を、

私なりにまとめると以下のようになる。

 

1、ギリギリの意思決定で磨く、とことん考えるチカラ

2、理不尽、不確実、非難から心が折れる

  一歩手前の経験から学ぶストレス耐性

3、あらゆる言語能力(語学+音楽、美術)

4、人間への好奇心

5、自己認知

 

こう書いてみると、3.については、私は、考えたことが

なかったけれど、人間の魅力と対話力を考えると、

そうだろうなあと思う。

 

1.と2.は、僕の持論と完全に一致。

そういう意味では、早くサラリーマンを

抜け出して、逃げられない環境におけば、

自然に身につく(逃げなければだけど)。

 

4.は、リーダの実践が伴って初めて意味がある。

評論家や自称人事のプロ ではない。

 

5.も、持論どおり。だけど、冨山さんの見てきた

世界は、高名な経営者は、これが欠落しているらしい、

なるほど。

 

人の意見など聞いていたら、時間がかかって

仕方ない、ということだ。

中内さん、伊藤さん、柳井さん、孫さん、

きっとそうだろうなあ。

ここまでの人は、「バランス」ではなくて、

ある種の「狂気」と「才能」で仕事をして

いるのだろう。

 

冨山さんは、地方の企業や中小企業コンサルティングを

基盤にされていたときに、一度だけお目にかかっているが、

それ以来、彼の概念思考の高さに、いつも舌を巻く思いだ。

 

日本経済を左右するようなJAL,東京電力、カネボウ

などの再生から学んだものは、本当に、勉強になる。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS