高付加価値とエモーショナル

会社の経営のテーマは、単純に言えば、

「顧客の問題解決」と「自社の生産性のアップ」であり、

採用も、教育も、モチベーションマネジメントも全て手段になる。

 

 

さて、これらの成果物は、

 

「高付加価値なサービス」ということに

なるのだが、このあたりから、何やら

実態が、ぼやけてくる。

 

人事領域での高付加価値サービスって、何?

 

を真剣に考えれば、お客様の人事部の仕事を、

当社のサービスが、ごっそり奪うことにもなりかねず、

現実的ではないなあ、と思う。(というかありえない)

 

人事業務も例外ではなく、

アウトソースの基本は、業務の単純化とIT化

だが、遅々として進まない日本でも、さすがに、

ホワイトカラーに高いコストをかけ続ける

わけには行かず、近い将来一気に進むだろう。

 

一方、「多様化した人材の調達と活用」

という人事の本丸であるミッションは、

前例と正解がない分野である。

 

特に、採用や定着では、

制度疲労気味の人事制度で育ったおじさんには

出番がないし、業界の営業マンも、ほとんど

役にたたない。

 

恐らく付加価値は、「新鮮な知見と情報」から生まれる

顧客最適手法を提案し、伴走するチカラであろう。

 

つまり、サービスよりは、人的資本のノウハウに

近いはずだ。

 

であれば、コンサルタントの強みは何か。

 

もちろん、情報、経験、応募者や若手の心情や

行動スタイルと根拠の理解などであるが、

その背景に、

「官能的なコミュニケーションスキル」

が必要なのではないか、

と最近考える。

 

官能的という言葉は、エモーショナルとも表現されるが、

消費者の嗜好の変化を表す言葉であり、

今までのロジックを超える人的付加価値

ではないか。

 

これは、今勉強中の「デザイン思考」を考えていて

強く感じていることなのだが、気がつくと、クルマ、

時計、化粧品などのPRにもよく出てくる。

 

官能的なコミュニケーションは、恐らく

多様な人への好奇心が、ベースにあり、

相手の心に指すようなセンスを持っている

ことが必要か。

 

そして、アウトルックや健康、食事などに

関心が高い日常行動も共通していると思う。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS