世にも美しい数学入門(藤原正彦/小川洋子)

以下藤原さんによる「あとがき」より

 

---------------------------------------------

 

数学や文学や芸術でもっとも大切なのは、

美と感動だと思う。

これらは、金儲けに役立たないし、

病気を治すにも、平和を達成するにも、

犯罪を少なくするにもほとんど役立たない。

 

しかし、はたして人間は金儲けに成功し、

健康で、安全で裕福な生活を送るだけで、

「この世に生まれてきてよかった」と心から

思えるだろうか。

 

「生まれてきてよかった」と感じさせるものは

美や感動において他にないだろう。

 

数学や文学や芸術は、それらを与えてくれる

という点で、もっとも本質的に人類の役に

たっている。

 

-------------------------------------------------

 

数学者が、同時に、芸術を愛する人が多い、

というのは、通説である。

 

この本は、「博士の愛した数式」を書いた

小川洋子さんと藤原正彦さんの対談だが、

読んでいて、文字通り、「美と感動」の

ために生きるお二人を感じないわけには

いかない。

 

僕は、めったに、人のお薦めの本は、

読まないへそ曲がりであるが、これは、

東工大で生物学を学んだ若い女性技術者

に薦められて読んでみた。

 

ちょっと、オーバーにいえば、生きる意味を

若い彼女に示唆されたような気もする。

 

是非じっくり読んでいただきたい。

 

本の詳細はこちら

世にも美しい数学入門(藤原正彦/小川洋子)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS