真実追求の文化

文藝春秋は、当人がインタビュー
か寄稿によって、一定のスペース
で、全文が掲載されるので、報道に
踊らされそうになると、

「本当は、どうなのだろう」

と追求するために、良く読む様に
している。

NewsPicks もいいのだが、人の
意見に目がいってしまい、自分の
頭で考えずに、単なる評論家に
なってしまう。


今月号は、前文科大臣前川さんの
インタビュー記事が出ていた。


それにしても、米国では、大統領の
言動事実を知るために、前FBI長官
が、3時間近い公聴会に呼ばれて
証言している。


仕組みも、文化も、法律も
いろいろ違うのかもしれないが、
少なくとも、権力者への事実の
追求へのパワーは、日本と圧倒的な
差がある様に思う。



民主主義とそれを守る為の
権力の分散は、こういう事件?
が起きると大事だなあと
改めて強く思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS