思考力

実は、僕も、30歳前後で、
思考力の弱さに気がついて、
非常に強い劣等感と危機感を
持った覚えがある。



上司と後輩が、この点極めて
優秀で、「これは、まずいな。」
と自分の能力の限界を強く感じたのだ。


それから、足掻きまくって、
僕がやったことは、3つ、


・毎週頼まれもしない報告書を
怖い上司に送り続ける。


事実と能力を内省し続けた
ということだ。

・思考力の高い人達のそばを離れず、
劣等感を抱き続ける。


・読みたくもない専門書にマーカを
引きながら、毎晩読む。

 

まあ、だいたい寝落ちして
しまうのだが。



こういう経験から、自信を持って
言えるのだが、逃げずに、能力を
身につけたいと思い続ければ、
できるはずだ。



当社の思考力の種は、実は、
若い人に眠っている。


でも、上司が、これを引き出せないと
本人も、そのことに気がつかず、
結局、全員課長止まりになる。



貴重で稀少な能力をどう開発して、
経営に活かすか、は、僕の最大の
テーマである。

 

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS