スノーデン 日本への警告

CIAやNSAの職員であったスノーデン氏が、2013年

米国政府の個人監視の実態について、暴露した内容は、

世界中を大変驚かせる内容だった。

 

この本は、1年前に、東大で行われたシンポジウムに

WEBで参加した彼へのインタビューをまとめた

ものだが、改めて読むと、驚きの連続である。

 

 

・ネット、通信のグローバル企業を複数持つ

 米国では、世界中の情報が、一度は、米国を通る

 立場にあり、世界中の情報を監視できる。

・情報収集コストが飛躍的に安価になった。

・Google,FBなどの企業は、政府に情報を提供している。

・監視対象は、テロに無関係の人権活動家、弁護士、

 ジャーナリストまで拡大している。

・当然、日本人も、監視の対象である。

・Google検索に打ち込んだ情報は、消えることはない。

 

 

特に、強い学びは、以下のプライバシーという言葉の

の定義についてである。(文中より)

 

 

ープライバシーとは、悪いことを隠すということでは

 ありません。それは、自分であるための権利です。

 他人に害を与えない限り、自分らしく生きることのできる

 権利です。思索するとき、文章を書くとき、他人の判断や

 偏見から自分を守る権利です。自分とは、誰で、どういう

 人間になりたいのか、このことを誰に伝えるのかを決められる

 権利です。-

 

 

情報収集コストが劇的に下がり、Googleの検索情報が消えずに

誰かに監視されることが、技術的に出来るこの時代に、ナチス

ドイツのような社会を創ってはならないと強く思う。

 

 

本の詳細はこちら。

スノーデン 日本への警告(集英社新書)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS