日本中枢の崩壊(古賀茂明)

この本は、国家公務員改革について書かれた本で、

著者自身が、数億円の所得が得られる

天下り先を提示されたエピソードや、

時の政治家とのやりとりなどが記させていて、

下手な小説よりよっぽど
面白い内容だ。


古賀茂明さんは、正義感と
根性の座った人だと思う。


霞が関の官僚についてのこんな
くだりがある。


ー 彼らは、小学生の頃から、ずっと
勉強ができて、褒められてきた。
そして、東大に入り、国家公務員試験
に受かり、事あるごとに、賛美される
人生を歩んできた。


大凡彼らの欠点には2つの
共通点がある。


1つは、視野が狭くなりがちであること
これが、閉鎖的な官僚組織で、
さらに加速する。


もう1つは、失敗経験が少ないために、
リスクを取れないこと。


僕は、世界共通のエリート官僚の
習性かと思っていたが、どうも、
そうではないようだ。

 

 

本の詳細はこちら。

日本中枢の崩壊(古賀茂明/講談社)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS