日本の底が抜けていく(文藝春秋8月号)

今月号の文藝春秋は、読み応えがあった。

 

標記の特集では、現政権への異論を唱える

識者の投稿が続く。

 

-自民党     村上誠一郎

-元読売新聞記者 中西茂

-ノンフィクション作家  森功

-御厨貴・山崎正和(対談)

 

いずれも、健全組織には、「異論」を堂々と

言える雰囲気が大事だという内容が含まれるが、

特に、最後の御厨さんと山崎さんの対談は、

さすが、というか、重みが違う。

 

佐藤栄作と安部首相を比べているのだが、

フットワークの良い(軽い)安部さんに

比べて、黙って話を聞く佐藤元首相を、

 

「木鶏(もっけい)」と表している。

 

これは、強さを外に出さない

最強の闘鶏のたとえだという。

 

 

これは、いい言葉だな。

リーダのあるべき姿を現して

いるような気がしてならない。

 

 

本の詳細はこちら。

文藝春秋 2017年 08 月号 [雑誌]

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS