仕事の報酬は仕事

これは、言い古された言葉だが、
若い人材の指導育成には、今でも
通ずる名言である。


若い頃は、経験がないので、
「そういうものか。」
と無我夢中で、働けることが多い。


問題が起きるのは、リーダーなどの
役割や肩書きが突き出す中堅以降
である。


気がつくと、小さな役割や肩書きに
「プライド」が絡みついて、いつの
間にか、仕事以外の報酬を望む
ようになる。


給与やポジション、会議参加や
座席まで、いろんな飾りを欲しがる
のが、人間の性でもあろう。


プライドつまり自尊心の
高い人は、初級管理職で躓く
このパターンが多い。


そういう人は、大抵、自己中心性
と自尊心の高さが特徴だ。


こうした
彼らの自尊心を粉々に壊すことも
トップマネジメントの役割である。


年齢を重ねれば重ねるほど
難しい自己変革を、その人に寄り添って
行う人材育成は、誰にでも出来る
仕事ではないからだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS