Happy wedding on July29



土曜日は、当社で、新卒採用を
担当してくれている佐々木さんの
結婚式が代官山の素敵な会場で
行われた。


天性の明るさを満面の笑みで
隠すことのない彼女と新郎の
五十嵐さんを祝う披露宴は、
終始、陽気で、楽しい時間だった。


ご両親ともご挨拶できて、
想像通りの素敵な方々であることを
感じられて、人生の繋がりと、
仕事のご縁を大事にしよう
という決意も新たになった。



この1ヶ月で、3名の社員の披露宴
に出て、改めて感じるのだが、
当社のスタッフは、自分を理解し、
それに合った配偶者を見つける
能力に優れているのかも
しれない。


それは、お似合いの二人だとか、
苦しい時に支え合っていけそうだとか、
外野が、勝手に、感じることではあるが、

こじつけて考えれば、
良き人事マン
良きマネージャー
良き社会人になるための
必須能力かもしれないとも思う。



これは、土曜日の祝辞で、申し上げた
ことだが、「結婚制度」についての
対談の中で、ある作家が、

「結婚とは、命を支え合うもの
である。」

と発言し、妙にこの言葉が、
腹に落ちた。



若い2人が、命を支え合う、
と感じるのは、恐らく、数十年先
のことだろう。


それは、思い通り行かない人生を
どう、生き抜くか、というような
重たいステージで向かい合うはずだ。


2人が、命を支え合うとは、
日々の生活や食事、会話も
あろうが、決定的な困難に
向かい合った時に、1人では、
恐らく立ち向かえないことに
相手の存在が、それを可能にする、
ということだと思う。


佐々木さんのパートナーの五十嵐さん
は、一度食事をしただけだが、
真面目で、誠実な
男の子だと思う。


この先起きるであろう人生の
大きな出来事で、2人が、手を取り合って、

成長して、良き大人になって
いくのが、目に浮かぶようだ。


僕にとっても、大事なスタッフである
佐々木さんの幸せを願わずには
いられない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS