勉強の哲学(千葉雅也)

この数ヶ月読書会(勉強会)について
悶々としている。
僕にしては、珍しく歯切れが
悪いのは、幾つか理由がある。


・そもそもこの情報洪水の時代に
勉強という事の意味が、当社の若い
スタッフにわかっているのか?

・ろくに本も読まない彼らに、
その大切さを、立場を超えて、
伝えられるか?

・30数年の年代ギャップを超えて、
果たして、知的コミュニケーション
は、成立するのか?


特に、最後の問題を考えて、
手に取った本が、これである。


著者は、なかなかユニークだ。
まだまだ若く、30代かな?



パリで学び、 東大の哲学の博士修了。



面白いのは、言葉の選び方で、
「そうか、若い人たちは、こういう
表現をするのか!」の連続。


逆に言えば、僕にとっては
読みづらい英文和訳に挑戦して
いるようだ。



当社の若いリーダーに
読ませてみたいものだ。

 

 

本の詳細はこちら。

勉強の哲学 来たるべきバカのために(千葉雅也/文藝春秋)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS