新人配属

この4月に入社した東京配属の
新人は、今日が、本配属となる。


この4ヶ月、彼らは、集合研修を
受けていた訳ではなく、数週間
おきに、全ての事業部に異動し、
実際のビジネスの現場で、業務を
体験していた。


先輩からも、遠慮のない
フィードバックをもらい、
悩ましいこともあったようだ。


だが、今日彼らの感想を聞くと、
入社前の期待が裏切られることなく、
強い愛情で、人を育てる文化を
肌で感じ、モチベーションも
頗る高い。



実は、配属先発表は、僕が、
一人一人と面談して伝えるのだが、
今回は、本人達の希望に必ずしも
沿うものではなかった。


それは、彼女たちの育成責任は、
会社にあり、本人達の希望と、
受け容れたマネジメントが、どう
育てるべきかを考えて決めること
だからだ。



希望にそぐわない配属を心配する
向きもあったが、僕は、そうは
思わなかった。



この4ヶ月で、彼女たちの会社への
信頼感は、高まっているからだ。



僕の予想通り、ざっくばらんな
説明と、正直な質問と納得感、
そして、和やかなランチョンで、
本配属発表の儀式は終わり。


今日から、彼女たちの頑張りに
期待したい。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS