死ぬほど読書(丹羽宇一郎)

若い人は、どんな本を読んだら
良いかわからない、と言う。


それは、好奇心が少なく、新しい
世界を知る喜びを知らずに生きている
ことであり、もったいない。


丹羽さんは、教養とは何か?
という問いに対して、


「自分は何も知らない、と自覚
することだ。」

と言うが、全く同感である。



死ぬまで、知的好奇心を
満たそうとする生き方が、
素敵だと思う。


そして、この事を伝えることが、
還暦を迎える僕のお役目と認識し
ついに、読書会を始めることに
なった。

 

 

本の詳細はこちら。

死ぬほど読書(丹羽宇一郎/幻冬舎新書)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS