文藝春秋9月号

9月号では、北朝鮮と中国の
軍事問題を扱っている。


記事によれば、米国や韓国
よりも、日本が、北朝鮮の
核攻撃の対象になる可能性が
高いという。



私達日本人は、戦争などという
ものは、過去の歴史としか考えて
いない。


しかし、北朝鮮で、核発射ボタン
の権限を持つ国家トップは、
人間として既に壊れているのでは
ないか、と言われている。



つまり、何があっても、
不思議ではないのだ。


今回の記事を読んでも、
両国の情報が如何に少ないか、
強く感じるが、解決不可能と言われる
この問題から、目を背けて
いるだけでは、大人とは言えない。

 

本の詳細はこちら。

文藝春秋  2017年 09 月号

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS